WEBデザイナーからWEBプロデューサーへ

HOME| サイトマップ
お気に入りに追加
キャリアパス

雑誌のデザイン→新聞のデザイン→WEBページのデザイン、コーディング、イラスト→WEBプロデューサー→WEB企画部

グラフィックデザイナーからWEBデザイナーへ

初めはグラフィックデザイナーで広告の制作をしていました。風俗系のマンモス雑誌でローカルでは痛く有名で、ページ数も社内デザイナーに比べると多く、この会社でデザインのスピードといかにクライアントの意向にこたえて早くデザインを導き出せるかを学びました。

その次に勤めたのもグラフィックデザイナーで、新聞を作る会社でした。新聞は画像が少ないぶん、文字数が決まっている中でレイアウトを決めなければならず、自由にするというのは困難な業務でしたが、そこでレイアウトや文字配列に仕方について学びました。

その次に努めた会社で初めてWEB業界に入りました。それまでも自分のサイトなどを持ち更新などしていましたが、WEBは全くグラフィックとは性格が違うので、フローや企画などをそこで学ぶ事ができました。時間がかかり、コーディングやPHPなどのプログラム組み込みなどを学びました。

そして長くその仕事についている間に知ったのですが、SEOが検索エンジンの仕様変更で大きく変化するためその仕様変更を監視しなければならないという事、そしてWEBデザインは広告よりも進化が早く、はやりがちょくちょく変わるというのも学びました。グラフィックデザインより奥が深く自由が効く、デザインもコーディングを踏まえてしなければならない事を学び経験しました。

習得してきたスキル

WEB業界に入って学んだのは、デザインとは別の部門が多く、特にCSSなどのコーディングに使う言語です。私はメイングラフィックが仕事の主を占めているのでコーディングメインの仕事で無い事は助かりました。

ちょうど自分のサイトを持っていたので、そこでいろいろコーディングの実験をしようと思い試行錯誤しながらひとつWEBページをフルで自分で作りました。それを作ったのが数年前なのではやりもだいぶ変化しており、今はCMSでサイトを作るのが当たり前の時代になってしまいました。

当時私が使っていたCMSはムーバブルタイプでしたが、今はだんぜんワードプレスが使われているので、ワードプレスでのコーディングを勉強しました。まったくコーディングができなかったのですが、いろいろな事を勉強するうちに少しずつスキルが身について行きました。

それと、もともとイラストを描くことが得意だったので、ツイッターやフェイスブックを駆使してWEBと連動し、集客することにも成功しています。